VERY+BIG+COMPANYは
京都で活動する建築設計事務所であり
住宅の新築やリフォームの設計・監理業務を行っています。

モルタル金ゴテ押え 2012.05.25


今では有名な建築家が仕事を始めた頃に知っていた仕上げが『モルタル金ゴテ押え』だけだったので、殆どの仕上げを『モルタル金ゴテ押え』にしたという話しを聞いた事がありますが、それくらいポピュラーな仕上げです。

モルタルとはセメントに水と砂を入れて練ったものをいい、それに砂利を入れるとコンクリートになります。そのモルタルを金ゴテという金属製のコテで押え均す仕上げをモルタル金ゴテ押えといいます。主に床の仕上げなどに用います。タイルなどの材料や工事が不要で安価であり、タイルの目地なんかもない事から均質な面が得られるので僕も結構多用します。自分の家の室内にも結構使ってます。クリアーの防塵塗料を施してますが、なかななインテリアにおいて心地よく、無機質でハードな雰囲気も気にいってます。

ただしこうしたセメントによる湿式の仕上げは乾くと収縮によりひび割れが発生する宿命があります。そのために施工時に目地、つまり細い溝のようなものを設けてひび割れの発生する場所をコントロールしたりします。
まぁ僕自身はこれは施行不良ではなく自然なものなのでひびの発生は気にならないのですが。